小さいキズのリペア

外装を洗車で綺麗にしたり、車内清掃をまめにしたり、車内の匂い取を消臭剤でとったりと高額査定アップを狙う上では非常に有効な手段でもあります。
その他にも有効な手段としていくつか方法がございます。
車の外装には必ず小さなキズはついています。
もし数年車を所有していて乗っていれば仮に事故を起こしていなくても必ず小さいキズはございます。
査定には小さなキズはあまり影響をしませんので、それほど気にする必要はございません。
しかし小さいキズが少ない場合です。
小さなキズが多くあるようでしたら査定はマイナス要因ともなってしまいます。
もし自分が所有する車に多くの小さなキズがあるようでしたら市販で売っている補修ペイントを使用して補修したり、コンバウンドやタッチペンが補修するのに有効な手段も存在します。
只素人が小さなキズを多くリペアしてしまった結果、今まで以上にキズが目立ってしまう場合もあります。
素人がリペアする時は十分に注意を払ってリペアするようにしましょう。
マイナス査定の判断基準としては1センチメートルぐらいのキズや凹みがあるようでしたら特にマイナス査定にされる恐れはありません。
このような場合にはリペアはせずに放置しておいたほうが無難です。
このような理由によりまず自分が所有する車の外装キズを発見してしまったらサイズを測る事から始めましょう。
もしキズが1センチメートル未満のキズでしたら補修はせずにそのまま査定に出しましょう。
この場合は中古車下取りはお勧めしません。

大きいキズについて

大きいキズは、小さいキズに比べると、すごく目立ちます。
目立つ理由からへこみやキズを修正したくなってしまいますが、結果から申すとへこみやボディの大きなキズは修理しないでそのままにしておいて査定をだしたほうが結果的に査定額のアップになる場合が多いです。
マイナス査定要因としてへこみやキズは一要因となる事は確かですが、修理代を払いこみをしてへこみやキズを修理して査定を出しても査定額がアップするより修理代の料金が高くなる場合が多いです。
買取業者は、買取した車のキズ・へこみは自社の整備工場を使用する事で安く修理します。
それ故にマイナス査定額のほうが修理代に比べると少なくなるのです。
その結果修理せずに査定をだしたほうが結果的にお得になります。
知り合いに車修理関係の人がいて、車の修理を安くしてくれるのであればお願いして修理する事も可能ですが、修理を安くできないのであればそのままにしておくのが鉄則でもあります。
車両保険加入をしている車の所有者であれば来年以降のノンフリート等級を考慮して車両保険を使用して修理をするとお得になる場合もあります。
自分では判断する事は難しいと思われますので、査定してもらう会社や保険会社に問い合わせをして相談をしてみましょう。
大きいキズの査定の減点方法についてですが、基本的には減点方法においてはどの業者も同じ方法を取っていますが、減点対象になるのがキズ・へこみ・塗装の剥がれにおいてはマイナス査定の要因になります。
キズにおいては爪が引っ掛かるかどうかの基準で判断されますので、自分の所有する車のキズはマイナス査定要因になるか確認してみてください。

更新履歴


このページの先頭へ戻る